妻バレしない出会い系サイトの遊び方

出会い系サイトで遊んだはいいが、妻にバレてしまった、とか彼女にバレてしまった、という声を良く聞きます。

結婚しているにも関わらず、不貞行為をした場合は慰謝料を請求されるケースもあるため、妻バレのリスクは厄介ですよね。

とくに昨今はスマートフォンやLINEなど、身近な生活ツールが便利になった反面、そうしたリスクが高まってきました。

この記事では、出会い系サイトで遊ぶときに妻や彼女にバレてしまう理由と、バレないためにすべきことを紹介しています。

メッセージ通知をオフにする

最近のスマホは、メッセージが来るとその通知が画面上に表示され、場合によってはメッセージ内容まで表示されることがあります。

メッセージの内容はもちろんですが、「◯◯さんからメッセージが届きました」のような通知も出会い系サイトを利用し、浮気していることがバレるきっかけになります。

そのため、これらのメッセージ通知は基本的にオフにして、通知されないようにしておきましょう。

メッセージが通知されて怪しまれるアプリとしては、LINEが代表格です。一般的にLINEがメッセージアプリであることは知られていますから、まずはLINEのメッセージ通知をオフにします。

LINEのメッセージ内容を通知させない方法

  1. LINEを起動する
  2. 「…」をタップする
  3. 歯車のマークをタップする
  4. 通知をタップする
  5. 新規メッセージやメッセージ内容を表示、をオフにする

しかし、LINEを夫婦でのやり取りでもよく使っている方は注意が必要です。

なぜなら、お互い自宅にいる時、奥さまからLINEが来たのに通知(着信)がないと、そのような設定をしたことがバレてしまうからです。

そこで、その浮気相手とのトークだけを通知オフにする方法もあります。

LINEで特定の相手だけ通知させない方法

  1. 相手とのトーク画面に行く
  2. ∨マークをタップする
  3. 通知オフをタップする

これで、そのお相手からメッセージがきても通知されなくなりました。ポイントは妻とのメッセージではきちんと通知させ、浮気相手とのメッセージだけ通知させない、ということです。

他に、当ブログで優良出会い系サイトとしてオススメしているワクワクメール、ハッピーメールのアプリを使う時も同様です。

これらは大変便利なアプリですし、ログインボーナスなどがあることを考えると、手放すことはできないのですが、LINE同様メッセージ通知がされてしまいます。

そのため、出会い系サイトのアプリを入れている方は、そのアプリから通知が来ないよう設定する必要があります。

LINEを使わない

LINEは普段使いもしているし、こっそりとスマホを見られているかもしれない、といった場合、浮気相手とLINEを通してやり取りすることはやめておいた方がいいです。

また、浮気相手に送るはずだったLINEのメッセージを妻に送ってしまった、という悲惨な声も聞きますので、うっかりミスが多い方はLINEを浮気相手との連絡手段で用いることはやめましょう。

ではどうするかという、とそもそもLINEを使わないことです。LINEさえ使わなければ、わざわざ通知設定を変更したり、定期的に履歴を削除したりする必要はありません。

しかし、それでは相手とのやり取りができない、ということになりますので、LINEに代わる連絡手段を考える必要があります。そこで、私がオススメしているのは、チャットワークなどのビジネス系アプリを使用することです。

これらは一般的にメッセージアプリとしての認知度は高くないので(ビジネスマン以外の人にとって)、浮気相手との連絡用アプリとして利用しても怪しまれずやり取りができます。

例えば、「◯◯さんからメッセージが届きました」という通知がきても「会社の人だよ。」と言い訳することができますし、なんならアプリ名を教えてあげれば勝手に検索するでしょう。

そこで、これはビジネスマン用のアプリなのだな、ということがわかればしめたものです。

やり取りをみせて、などと言われた場合は「業務情報を伝えることは家族であってもダメだと言われている。コンプライアンス違反に問われちゃうよ。」と拒むこともできます。

さらにサイボウズLiveではメッセージの交換だけでなく、予定表やタスクリスト、共有フォルダを利用することもできるので、浮気相手との予定を立てたり、思い出の写真を保存したりするなどして、一括して管理することができます。

さて、ここまでは、連絡手段を通じてバレないようにする対策を紹介しました。ここからは、実際に会っている時に妻バレリスクを回避する方法をお伝えします。

近所で会わない

これは当然といえば当然ですが、浮気相手とは近所で会わないことが鉄則です。

なぜバレてしまうかは言うまでもないですが、優良出会い系サイトはプロフィール登録時の住所をもとに近くの住所に住む女性をオススメしてくれる機能があります。

独身の方にとってはありがたい機能ですが、既婚者にとっては会えそうでも会えないというなんとも歯がゆい機能であるといえます。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

近所で会わないようにするためには、プロフィール登録する時に自分が住んでいる地域とは別の住所を登録しましょう。

近所ではないけれど、電車で数十分圏内などに絞っておけば、このようなリスクを回避することができます。

買い物はauウォレットプリペイドカードを使う

浮気相手と会っている時間については怪しまれなかったのに、ポケットや財布から出てきたレシートから浮気がバレてしまった、ということがあります。

また、財布やクレジットカードを妻に管理されている男性にとっては、お金の出どころが不明瞭なものであった場合、厳しく追求されることも予想されます。

そうすると、妻の管理下にないSuicaなどのプリペイド式カードの利用を検討するわけですが、最近では多くなってきたものの、IC系カードに対応していないお店というのはまだまだ存在します。

そもそも浮気相手を洒落たフレンチに連れていって、Suicaでピッ、というのは想像しづらいですよね。

そこで、auウォレットプリペイドカードの出番です。

このカードはチャージして使う、というIC系プリペイドカードと同じ性質を持ちつつ、支払い方法はクレジットカードとして決済します。

つまり、クレジットカードでの支払いに対応している店舗であれば、auウォレットプリペイドカードをクレジットカードとして使うことができるのです。これにより、利用店舗は大幅に拡大します。

auウォレットカードは、au IDごとに作成することができますから、妻に知られることなく利用開始をすることができます。

さらに、明細書が送られてきたり、au携帯の明細に表示されたりすることがないので、足がつくことはありません。ついでにじぶん銀行の口座を開設しておけば、チャージが楽になり、ポイントが増えるなど、ちょっとしたヘソクリ管理にも便利ですね。

会うときは身分証をもたない

これは浮気相手の女性によっても異なりますが、浮気が成功する秘訣はなんといってもお互いがきちんと割り切って、本気にならないことです。

これは男性側より女性側の方が本気になってしまうことが多いです。とくに出会い系サイトを利用している女性はどこか心に寂しさをもっており、愛されたいという欲求が強いです。

厄介なのは会っている時には1ミリもそういう部分を出さないのに、体を重ねるごとに想いだけは強くなり、ストーカーのようになってしまうケースです。

男性は本気でなくとも、女性は惚れたもの負けなところがありますから、その見極めは非常に難しいのです。

そのため、もしあなたの自宅や勤め先がわかるようなモノ、例えば免許証や社員証などをそんな心の状態の相手に見られてしまったら、どうなるでしょうか。

最悪の場合、妻と鉢合わせで修羅場が、ということも考えられます。

そのため、浮気相手と会う時は身分がわかるものは持ち歩かないようにしましょう。加えて、本名を明かすこともやめておいた方がいいです

まとめ

せっかく優良出会い系サイトを見つけて、女性に困らなくなっても、妻にバレて離婚することになってしまったら、色々なものを失ってしまうことになります。

甲斐性のある男性は、そのあたりを抜かりなくやります。家庭も大事にして、遊ぶところはしっかり遊ぶ。今は不倫がニュースのトップになってしまうほど女性からの目線が厳しくなっていますが、では浮気や不倫が昔より少ないかというとそんなことはありません。

とあるアンケート調査では3人に1人の男性が浮気を経験したことがあるというデータもあります。男性は古くから狩猟本能があるため、こればかりは生物学的にどうにもならないことなのです。

そのため、念には念を入れて、誰かを傷付けることのないように出会い系サイトを楽しむことが大切です。

コメント