出会い系サイトの売春は違法?

出会い系サイトで「条件付きでエッチします。」とか「ホ別イチゴでどうですか?」などのメッセージに返信しようとしていませんか?

もし、そのような誘いに乗ってエッチをしてしまった場合、何か法律上の問題があるのでしょうか。

この記事ではお金を払ってエッチをするいわゆる売春の危険性や、出会い系サイトにおける売春について、どのような問題があるのかなどを説明しています。

エッチさせてもらう代わりにお金を払ったら犯罪?

セックスさせることと引き換えに、金銭などの対価をもらう行為は、売春防止法における「売春」にあたります。

第二条  この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。

そして、売春はこの法律で禁止されています。

第三条  何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない。

ですから、エッチをさせる代わりに男性にお金を要求し、これに男性が応じるなどした場合は、売春をした側、その相手方は違法となります。

しかし、売春防止法では売春行為そのものについては罰則規定を設けていないため、違法だけど逮捕されるようなことはない、ということになります。

では、どのような時に逮捕されるのかというと、それは不特定の相手に対し、売春を目的とした勧誘を公の場で行なったり、売春を斡旋(あっせん)したりした時です。

第五条  売春をする目的で、次の各号の一に該当する行為をした者は、六月以下の懲役又は一万円以下の罰金に処する。

一  公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように勧誘すること。

二項、三項略

出会い系サイトで売春を目的とする投稿をすれば、それは公衆の目にふれるような方法で勧誘した、といえます。そのため、売春を匂わすような投稿を売春する側(例えば女性)がした場合は刑事処分の対象となります。

しかしながら、現実に出会い系サイトを利用した勧誘等で逮捕された、という前例は見つけることができないことから、実際に逮捕されるという可能性は低いようですね。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

そもそも売春防止法は売春そのものや、売春する人を加害者として取り締まる法律ではなく、強制的に売春させられている被害者を救済するために作られた法律です。

したがって、この法律が取り締まるのは間に入って売春をさせている人であるため、売春そのものには刑事処分が科せられないのです。

未成年者とエッチしても逮捕されない?

売春防止法において売春自体に罰則規定はありませんが、売春する側が未成年であった場合はどうでしょうか。ここでは売春する側が18歳未満か、18歳以上であるかが問題となります。

まず、児童買春・児童ポルノ禁止法では、18歳未満の人を児童と定義しています。

第二条  この法律において「児童」とは、十八歳に満たない者をいう。

そして、児童を相手に金銭等の対価を支払うことを約束し、性交等をすることを禁止しています。

売春防止法では売春を「性交すること」と定義していますが、児童買春・児童ポルノ禁止法における児童買春は「性交等」と表現しており、エッチをするしないに関わらず、児童の性器や乳首を触るなどの行為(または触らせる)もこの「性交等」に含まれています。

第二条 この法律において「児童買春」とは、次の各号に掲げる者に対し、対償を供与し、又はその供与の約束をして、当該児童に対し、性交等(性交若しくは性交類似行為をし、又は自己の性的好奇心を満たす目的で、児童の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは児童に自己の性器等を触らせることをいう。以下同じ。)をすることをいう。

そして、児童買春には刑事処分が設けられており、重い刑が用意されています。

第四条  児童買春をした者は、五年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。

したがって、18歳未満の女性などを相手にお金を支払い、性交等に及んだ場合は、同意があろうがなかろうが、児童買春になり、刑事罰が処せられます。

また、実際にそういった約束をしていない、行為に及んでいない、金銭関係はない、などであっても、18歳未満の児童に対し、性交等の相手方となるよう誘う投稿をした場合は、出会い系サイト規制法により違法となり、罰金刑が処せられます。

売春じゃなく真面目な関係ならセーフ?

これは何をもって「真面目」とするかが問題ですが、ほとんどの地方自治体では淫行条例というものがあり、18歳未満を相手にみだらな性交等をすることを禁止し、罰則規定を設けています。

ただし、婚約中であったり、これに準ずる真摯な交際関係であったりする場合は除かれるとしています。

では、どこまでが真摯な交際関係で、どこからがみだらな性交等になるのかというと、これは正直とても難しく、例えば18歳未満の女の子と結婚するつもりで付き合っていて、その子が同意の上でエッチをしたとしても、別れ話がこじれてしまい、結果的に「みだらな性交等」とされるケースも多いようです。

また、同意があった場合でも13歳未満を相手にわいせつな行為をした場合は刑法の強制わいせつ罪にあたり、6月以上、10年以下の懲役に処せられます。

強制したつもりはない、同意の上だった、といっても13歳未満の子はそうした判断を適切に行えるかどうかを期待できないため、このような規定になっています。

ちなみに、「わいせつな行為」は児童買春法における性交等よりさらに厳しく、性的意図のもと、キスや体を触るなどの行為も「わいせつ」とされます。

まとめ

紹介した通り売春そのものに罰則規定は存在しませんが、その相手が18歳未満であるかどうかによって扱いが異なります。

よく「相手が未成年だなんて知らなかった。」などの言い訳を聞きますが、相手があきらかに18歳未満とわかるような場合は、「知らなかった。」では済まされないことがあります。

せっかく出会い系サイトを楽しむのなら、そうした危険はなるべく回避したいところですね。

ところで、出会い系サイト以外で若い子とエッチなことを楽しめるサービスがあるのをご存知でしょうか。

それが、アダルトライブチャットです。パソコンやスマホを通してリアルタイムに会話を楽しみにながら女の子にエッチな指示をしたり、エッチなことをしてもらったりすることができます。

未成年者は在籍しておらず、安全に遊ぶことができるのでかなりオススメです。詳しくは下記の記事を読んでみてくださいね。

ジュエルライブを体験してみたらスゴかった!
アダルトチャットをやったことない人は「料金は高くない?」「女の子はすぐに脱いでくれるのい?」と不安に思うこともありますよね。この記事では僕がジュエルライブを実際に体験してみて、感じたことやジュエルライブの使い方などを紹介しています。

というわけで今回は出会い系サイトの売春は違法なのか? ということを紹介しました。

コメント